趣旨・教育理念・教育目標

【趣旨】

 バリ日本語補習授業校(以下「補習校」という)は、バリ日本人会が会員の子女の教育のため

 に主宰し、(財)バリ日本友好協会に経営を附託している施設です。

 また、日本政府より認められた在外教育施設として、外務省、文部科学省、海外子女教育振興

 財団より援助を受けています。

 プレイグループ(1歳半以上幼稚部入園未満の幼児保育)、幼稚部(3年保育)、小・中学

 部あり、小学部には「必修国語」「選択算数」、中学部には「必修国語」「選択数学」「選択

 社会」が設けられています。

 世界の他の補習校と比較して、国際結婚による子女(国際児童)の比重が極めて大きく、

 そのような子供たちに日本語及び日本文化を学ぶ場を提供していることも本校の特徴です。


【教育理念】
 

 『世界の懸け橋となる、国際的視野を持った人間の育成』

 本校で学ぶ子供たちは、異文化に触れる機会が多く、自分と異なるものに対する理解や寛容さ

 を身につけるためのチャンスに恵まれています。そして将来、子供たちは日本、インドネシア

 だけではなく、世界に羽ばたく可能性を秘めています。

 また、多民族国家である当地インドネシアでは、道徳の一環として異なる文化や異なる宗教を

 互いに尊重することを教えていますが、このような自他の尊重、敬愛の精神は、当地に暮らす

 私たちにも、広くは全人類にも通じる大切な心であると考えます。

 このようなことから、本校では、どの国や民族に対しても、他者の置かれている立場や状況を

 思いやることができ、世界の友好平和と地域社会に貢献する人材を育てるべく、上記の教育理

 念を掲げています。

 

【教育目標】

<プレイグループ>

  1.日本語による保育を通して、日本文化を体感させる。

  2.多様な保育内容で、心身の発達を促進させる。

  3.集団生活に必要とされる基礎的習慣を身に付けさせる。

<幼稚部> 

  1. 日本語による保育を通して、日本の文化に親しませる。

  2. 集団生活に必要とされる基礎的生活習慣を習得させる。

  3. 小学部入学に備え、基礎的日本語能力を身に付けさせる。

<小中学部>

  1. 日本語を習得し、日本語能力を伸長させる。

  2. 日本の学校に円滑に適応できるよう国語、算数・数学の学力を維持する。

    3. 学習活動や行事を通して、日本の文化の体得と実践力を培う。

<高校クラス>

  1.日本国内の高校教育に準じる国語力を育成する。

  2.社会や数学の学力を育成しもって論文作成力を高める。

  3.将来の進路選択の幅を広げ自己実現に向けて学習する高校生を支援する。

  

補習校の電話・Fax

【電話】

+62-361-281928

 

_____________

 

【Fax 】

 + 62-361- 281928

 

【e-mail】

 koumushuji★japanclubbali.org

(★を@に変えて下さい)

 

所在地・アクセスの詳細は

こちらへどうぞ。

補習校サポーターの企業様