歴史・沿革・組織の概要・日本国からの援助

【設立経緯】

 1980年代後半より、バリにおける日本インドネシア両国の合弁事業や国際協力事業の活発化

 に伴って在留邦人が増加したことから、過去に他国で補習校に子女を就学させた経験を持つ

 家族の呼びかけにより、1989年5月保護者と講師予定者からなる補習校設立準備委員会が

 組織されました。

 そして、在デンパサール出張駐在官事務所(現在の在デンパサール総領事館)の支援のもと、

 開校に向けての諸準備や校則等の作成が進められ、同時期に発足した「日本人会」(1989年

   12月発足)が設置者となって、1990年1月13日、「バリ日本語補習授業校」が開校しま

   した。


【歴史】

1990年 1月13日、バリ日本語補習授業校小中学部開校(インターナショナルスクール

                  校舎を借用)

1991年 日本国外務省から現地採用講師謝金援助を受けられるようになる

      9月7日、幼稚部開園(現地幼稚園の教室を借用)

1992年 単独校舎に移転。週1回授業から週2回授業へ拡充

1993年 国際児童の増加に伴い、小中学部を普通学級(国算クラス)と

      国際学級(国語クラス)の2クラス制とする

1994年 保護者の代表で構成された運営委員会を発足、運営が組織化される

1997年 事務棟を借り増しする

2001年 (財)バリ日本友好協会を設立

2002年 在校生の増加に伴い、現在の校舎に移転

       土地は(財)バリ日本友好協会 理事長 万亀子イスカンダール様より無償提供

      バリ日本語補習授業校維持会を発足

2005年 創立15周年を記念し校歌を作成。国算クラス(低学年)週3回授業を導入

2007年 運営委員会による運営から維持会による運営へと移行。保護者会を発足

2008年 9月より プレイグループ開設

2009年 4月専任の校長採用、9月「補習校サポーター募集」活動開始

2010年 創立20周年記念行事挙行 万亀子イスカンダール終身名誉校長就任

      「OS生クラス」開設

2011年 8月プレイグループ ウブドクラス開設  全教室に冷房設置

      3月いこいの広場(カフェテリア)開設  避難階段設置

2012年 専任の園長就任。日本国内高等学校受験指導クラス開設

      7月ウブド地区のスクールバス運行  チャレンジクラス開設 

      日本語能力試験申し込み受け付け開始

2013年 10月安倍総理夫人来校  アスレチック設置

2015年 日本人会とともに創立25周年記念行事挙行

      事務棟を緊急避難場所とするための設備改修等、安全対策の強化

2016年 校舎借料および警備員謝金の一定割合の政府補助を受けられるようになる

      警備員詰所はじめ安全対策機能向上設備工事

2017年 高校クラス開設

      これまでの「国語クラス」「国算クラス」から「必須国語」「選択算数・数学」

      「選択社会(中学部のみ)」に教科編成

      5月専任の副校長採用


【組織の概要】

<バリ日本人会>

 バリ日本人会(以下「日本人会」という)は、補習校の主宰者であり、その運営管理を

 (財)バリ日本友好協会(Yayasan Persahabatan Jepang Bali)に附託しています。

 

<バリ日本友好協会>

 (財)バリ日本友好協会(Yayasan Persahabatan Jepang Bali)(以下「ヤヤサン」と

  いう)は、インドネシアの法律に基づき設立されている財団法人です。

  2001年に設立された後、2010年には新ヤヤサン法に則った団体として、インドネシア政府

  より再認可を受けました。

  ヤヤサン活動の趣旨としては、インドネシア国バリ州在住の日本人子女及び日本人とインド

  ネシア人との婚姻による家庭の子女に、特別な教育を施す支援を行うことを掲げています。


<維持会>  

  別ページ「維持会」を御覧下さい。

 

<保護者会>

 保護者会は、補習校の保護者が組織する会です。バザーの主催、補習校行事の手伝いや維持会

 への提言、日本人会行事への協力など補習校の充実を図るための活動を行っています。

   保護者会会則はこちら


【日本国からの援助】

 在外教育施設として認定された補習授業校に対しては、日本国政府(外務省・文部科学省)

 及び海外子女教育振興財団などから各種の援助が行われています。

 本校は、現地採用講師謝金援助、日本人学校教員による巡回指導、ビデオや図書、学習教材の

 整備援助等を受けています。

 その他にも、補習授業校に関わる援助には、校舎借料援助(本校では旧校舎賃借時に適用され

 ていた)、教員派遣、現地採用講師の日本研修、巡回指導班の派遣、補習授業校の教育の特殊

 性を考慮したカリキュラム、指導方法の開発などがあります。

 また、海外に長期滞在する日本国籍を保持する児童生徒には、教科書が無償給与されて

 います。

 

補習校の電話・Fax

【電話】

+62-361-281928

 

_____________

 

【Fax 】

 + 62-361- 281928

 

【e-mail】

 koumushuji★japanclubbali.org

(★を@に変えて下さい)

 

所在地・アクセスの詳細は

こちらへどうぞ。

補習校サポーターの企業様