保護者会

 

保護者会は、バリ日本語補習授業校に通う全生徒の保護者(プレイグループ・OSクラス除く)によって構成されています。日本人会主催行事、補習校主催行事、保護者会主催行事など年間行事のお手伝いや企画実行をしています。バリにいながら、子供達のために日本の季節の行事などが体験出来るように活動しています。

 

2017年8月23日現在

 

バリ日本語補習授業校 保護者会会則

 

 

第1条   名称

本会は、バリ日本語補習授業校 保護者会と称する。

(以下、バリ日本語補習授業校を「補習校」、同保護者会を「保護者会」という。)

 

第2条   目的

保護者会は、補習校の幼児・児童・生徒の健全な心身の育成のため、保護者が主体的に

協力し、補習校の教育活動の充実を図ることを目的とする。

   

第3条   活動

1.『世界の懸け橋となる、国際的視野を持った人間の育成』という補習校の教育理念の

  実現に向けて、教育活動に協力する。

2.保護者の研鑽向上と親睦を図る。

3.補習校行事に協力する。

4.保護者会主催の行事を企画し実行する。

 

第4条   組織

1.保護者会は補習校の全保護者によって構成される。

2.すべての保護者は役員または行事担当委員に属するものとする。

  ただし、維持会、日本人会運営委員会に属する保護者を除く。

 

第5条   役員

1.保護者会に次の役員を置く。

 会長            1名 (小中学部、幼稚部問わず)

 副会長           2名 (小中学部より1名、幼稚部より1名)

 書記            3名 (小中学部、幼稚部問わず)

 学年代表          12名 (小中学部より9名、幼稚部より3名)

 ⑤ 会計            2名 (小中学部、幼稚部問わず) 

2.役員の任期は4月1日より、翌年3月31日までの1年とする。

3.役員の再任は妨げない。

4.会長、副会長の選出は立候補者を募った上、現役員の推薦によって選出し総会に

  諮る。   

   5.書記、学年代表、会計については、年度末に保護者からの意 向表を考慮の上、

    次年度の会長・副会長が役員を選出する。

   

第6条   役員の役割

1.会長は保護者会を代表し、会務を総括する。

(教育部、維持会との連絡調整、各行事担当委員との連絡をする。会報を確認・配布

 する。役員会議題を作成し、召集する。役員会議長をする。臨時総会開催の権限を

 持つ。)

2.副会長は会長を助け、会長不在時は代行する。

(行事担当委員役割を調整、遂行確認する。)

3.書記は総会、役員会の議事の記録、作成、管理をする。会報の作成をする。

4.学年代表は連絡網などを通じ、学年の連絡を図る。

 保護者の意見をまとめ保護者会に報告する。

   5.会計は保護者会会費の入金・出金の管理と記録をする。

 

第7条 行事担当委員

1.行事担当委員は、保護者会役員、維持会、日本人会運営委員会に属する保護者以外の

  保護者によって構成される。

2.行事担当委員は、行事の企画・協力・実行及び報告を行う。

 

 

第8条 総会 

総会は保護者会の最高議決機関である。毎年一回開催し、会計報告を行い、役員選出及び

会則の承認を行う。

総会は会員の3分の2以上の出席により成立する。(委任状は出席とみなす。)

過半数を持って承認とみなす。

 

第9条      役員会

役員会は原則として毎月一回開催する。第5条の役員以外に講師代表も場合により出席

する。

役員会は、保護者会の運営に関する企画、立案を行う。予算案、行事日程の決定、行事担当委員について決議する。補習校行事の円滑な実行を助ける。

 

第10条 会費 

  保護者会会費は幼児、児童、生徒1名につき、月額2万ルピアとする。

  保護者会会費は月謝納入と同時に納入する。自己都合による退学者にあっては、すでに納入

  済みの保護者会会費は返還されない。維持会決定による退学の場合は、翌月以降の保護者会

  会費を返還する。

 

第11条 会則の変更

本会則の変更は総会の承認を経るものとする。

補習校の電話・Fax

【電話】

+62-361-281928

 

+62-361-4721877 へどうぞ

______________

 

【Fax 】

 + 62-361- 281928

 

【e-mail】

 koumushuji★japanclubbali.org

(★を@に変えて下さい)

 

所在地・アクセスの詳細は

こちらへどうぞ。

補習校サポーターの企業様