ニュース

*松本梅頌ご夫妻による三味線コンサート開催

2016年1129日(火)5時、千葉総領事のお計らいで、松本梅頌ご夫妻の三味線コンサートを開くことができました。氏は日本国内はもとより世界各地で、日本伝統音楽を紹介し広める活動をされています。

当日は、そろそろ津軽三味線の演奏も佳境に入ったころ、ものすごいスコールに見舞われ

ました。氏はすぐに、子供たちの中へ移動され、子供たちの身近で演奏され、民謡の掛け声を

促され、いつの間にかスコールを負かすほどの会場となりました。

スコールもやっと過ぎ去ると、歌舞伎等で使われる三味線の演奏にのって、奥様は「祇園小唄」を日本情緒たっぷりに披露されました。

*Jリーグ浦和レッズ・ダイヤモンドチームによるサッカー教室が行われました

 Jリーグ浦和レズダイヤモンドチームは「サッカーを通じて、青少年に夢を育てたい。」という趣旨のもと、毎年海外でボランティア活動をされています。

今年は、ベトナムとインドネシア(ジャカルタとバリ)で実施されました。

活動主体は「浦和ハートフル教室」で、かつては日本代表やJリーグで活躍された素晴らしい方々がコーチ陣として子供たちの指導に当たられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年8月25日、4時から6時まで どの子もいつの間にか一生懸命!

浦和レッズハートフルサッカー教室は子供たちにとても好評でした。

(4時〜5時)

★1年生から4年生まで  

校庭でコーチによる「サッカーに親しむ」子供たちがいつまでも興味が持続されるように

素晴らしい指導が展開されました。女子は最初は見学を決め込んでいましたが、いつの間にか

男子と混じって全員が楽しんでいました。

★5年生から中学生まで  

教室で、サッカーに限らず人としての生き方「一所懸命。相手のことを考える」を中心として

サッカーを通じてお話しいただきました。

(5時〜6時)  

校庭で、またまた子供たちは乗りに乗って、それこそ楽しく一所懸命でしかも相手のことを

思いやって…瞬く間に時間が過ぎてしまいました。いろいろなプレゼントをいただき感謝に

堪えません。

 

「子供たちはなかなかスタミナとガッツがある。最後まで団結して声も大きく、とてもやりやすく私たちも楽しみました。」という感想をいただきました。

★画像をクリックすると拡大できます。

*バリ日本人会・バリ日本語補習授業校 25周年記念式典

2016年4月26日、補習校にてバリ日本人会・バリ日本語補習授業校の25周年記念式典が

行われました。

サポーターのみなさまをはじめ、補習校を応援して下さるすべての方々に心からの感謝をこめて

ここにご報告いたします。

★画像をクリックすると拡大できます

*ソプラノ歌手・宮良多鶴子さんのミニコンサートが開かれました

2016年2月3日夕方6:00 より、補習校でソプラノ歌手の宮良多鶴子さんによるミニコンサートが開かれました。

宮良さんは昨年の10月31日にも補習校においでいただきましたが、前回聞けなかった子どもたちのために再度コンサートを開いてくださることになりました。

「子どもたちに本物の音楽を聞かせたい」という補習校のお願いに、宮良さんと万亀子理事長が応えて下さいました。

当日は日本の歌や、本格的イタリアのカンツォーネなどバラエティーに富んだ曲をご披露いただき、宮良さんの奉仕活動の映像とお話も間に入れながら進めて下さいました。

宮良さん、どうもありがとうございました!

 

<宮良多鶴子さんプロフィール>

沖縄県出身。東京、沖縄はもちろんのこと、全国各地でソロコンサートを開催し、沖縄の歌と

共に、沖縄の文化や歴史を紹介する活動を行なう。

「カワイクラシックオーディション」声楽部門最優秀賞受賞、「太陽カンツォーネコンクール」

第二位など、数多くのコンクールで優秀な成績を修める。

日本各地や海外で音楽活動を活発に行う傍ら、東ティモール支援活動、東日本大震災復興支援

活動も行う。

★画像をクリックすると拡大できます。

*宇宙教育セミナーが開催されました

2015年125日(土)、JAXA宇宙センターの方々を招いて、

補習校で宇宙教育セミナーが開催されました。

 

①1~3年生「傘袋ロケット工作」  参加 52名

スライドで今年打ち上げた大型ロケットH2Aの打ち上げ等をみて歓声の声が聞こえていました。

工作した傘袋ロケットをテラスで飛ばしてみました。子供達はお友達とワイワイ競いながら楽しく飛ばしていました。

 

②4~6年生 「太陽モビール工作」 参加 32名

6グループに分かれグループ対抗で太陽クイズをしながら太陽について楽しく学べました。

太陽モビール工作も熱心に取り組んでいました。

 

③中学生 「真空実験」  参加 16名

マシュマロやラップを使い容器内を真空にしたらどう変化するかを5グループに分かれて

実験しました。子供達は実際に目で見ることにより理解がより深まったと思います。

実験の後は、質問コーナー等あり、子供達が色々質問していました。

  

***宇宙についてたくさんの事をスライドや工作・実験を通して学べたのは

貴重な体験でした。JAXA宇宙センターの方々、本当に有り難うございました。

(下の画像はクリックすると拡大されます)

*安倍総理夫人をお迎えしました

2013年10月7日(月)4時から5時までの1時間、総理夫人が補習校を訪問されました。

写真の掲載許可の関係でアップが遅くなりましたが、どうぞご覧下さい。

(以下テキストは‘14年10月号のおたよりより抜粋しています。)

 

【安倍総理夫人をお迎えしました】

   月曜日に登校する子どもたちでお迎えしました。

  ① 中学生の進行による歓迎の式

    : 歓迎の言葉

    : 花束贈呈

    : 校歌による歓迎

    : 総理夫人のお言葉とプレゼント

     直径1メートルの紅白の大玉各一個、ぬいぐるみ2体、東北大震災復興支援の

     DVD(LIGHT UP NIPPON)

  ② 記念写真撮影

  ③ 1~3年生との校庭で交流  いただいた大玉をさっそく使って「大玉ころがし」

    「玉入れ」

  ④ 4・5年生と教室で交流   「ことわざ」を使った「伝言ゲーム」

    

②・③とも総理夫人、大使夫人そして総領事夫人ともに、子どもたちと一緒の交流でした。

 

  ⑤ お見送り: 子どもたちの握手攻め

 

(下の画像はクリックすると拡大されます)

*森山開次氏のダンスワークショップを実施しました

ワークショップが無事に開催されました。そのご報告です。

① 実施日時   2014年1月7日(火)&8日(水) 6時より7時まで

② 参加者数   7日(火)28名  /   8日(水)34名

③ ワークショップの内容

 6時前後に 子どもたちは会議室でVTRを見ました。

 夕暮れを予感させる校庭でいよいよ開始です。神様の叡慮により雨も降りませんでした。

  ●「人は自然に支えられている。日々の活動は正常な体内の活動により維持されている。」

   この理念を、子どもたちにわかりやすく体を通じて表現されました。

  ●体の動きは「みなさんの習字の作品を見ました。あの動きをイメージしよう。」

  ●近くの「火炎樹」を見て、その美しさを表現しよう。

  「一人一人違った表現が大切です。」と個性を尊重され、しかも、音楽と合わせた当意即妙

   の組み合わせに、次第に子どもたちは引きつけられていきました。

  ●どの子も自分を懸命に表現してその熱意が講師にも伝わっていました。

④ 実施後の森山氏の感想

  『目の輝きに感動しました。とても素直な子供たちに会えて、充実した時間を一緒に作れ

   ました。年齢によっては「体の表現」を恥ずかしがるものですが、どの子も楽しく個性的

   に取り組んでくれていました。保護者の方々の心のこもった対応に心から感謝します。』

【下の画像はクリックすると拡大されます】

なお、事前の打ち合わせ、準備、当日のプログラム、進行、音響、映像全てチアダンス部の

保護者の方々がお世話されました。

*カンナの花が見事に咲きました(2013年12月)

補習校だより11月号でご案内したカンナの花がきれいに咲きましたので、

ぜひご覧下さい。

このカンナの花は、次のような平和運動をされている方が補習校を訪問されたことが

きっかけとなって、校庭の一角に植えられたものです。

........................................................................

Pass the baton of peace with gift canna seeds with your help.

Peace will bloom like these canna Flowers in hearts around the world.】

「カンナで繋ぐ平和のバトン、世界中の人の心に平和の花を咲かせましょう。」

「運動の趣旨に賛同いただけるなら、カンナの球根を植えていただけませんか。」

...........................................................................

今から68年前の8月6日、広島に原子爆弾が落とされました。

爆心地から820メートルという近いところで、

焦土と化した中、ひと月後に、カンナの緑の葉が育ち、赤い花が咲きました。

その球根が平和の象徴として代々受け継がれ広められています。

今では広島を始め日本各地の学校に植えられています。

海外では当校の他、フランスのモンサンミシェルで植えられているそうです。

補習校内の、サンガ(家寺)に向かって右2メートルぐらいのところにあります。

お目にかかりましたらどうぞ「大きくなーれ」と声をかけてください。

花は人間の期待にこたえるそうですから。

 カンナ・プロジェクトのウェブサイトはこちらをご覧下さい。

補習校の電話

【電話】

+62-361-281928

 

_____________

 

【E-mail】

 koumushuji★japanclubbali.org

(★を@に変えて下さい)

 

所在地・アクセスの詳細は

こちらへどうぞ。

補習校サポーターの企業様